fbpx
ビジネスレベルアップ

知っておいても損はない?!ビジネス横文字一覧 ~あ行編~

職場内での上司からの指示を理解することは基本中の基本です。
そんな会話の中で、「ん??今の会話の意味って何だったんだ??」と思う瞬間に【ビジネス横文字】が入っていたりしませんか?
今回は『知っておいても損はない?!ビジネス横文字一覧』の紹介です。
まずはあ行から順番に見ていきましょう!

■アサインする


あてがう、割り当てる、任命する、指定する、付与する
例:「来月から、あなたを担当としてアサインします。」

■アジェンダ


議題、課題
例:会議の際に「いまお手元に配られたのが今日のアジェンダです」

ちなみに…
会議などみんなで話し合うときに配られるのが「アジェンダ」。講演会など一方的に視聴するときに配られるのが「レジュメ」と言います。

■アポを取る


予約、約束  「アポイントメント」が略されています。
例:「アポを取る」→会う約束を取り付ける

ちなみに…
「アポが入る」と使うこともあり、約束が入る、指名が入るという意味で使われます。

■イニシアチブをとる


①主導権 ②自発的に仕事に取り組む姿勢・能力
例:①「競合他社にイニシアチブを奪われないよう、プレゼンの内容をさらに詰めなくてはならない」メジャーな使い方はこの、「主導権を握る」という意味でしょう。
②「あなたにはイニシアチブが足りない。そんなことでは後輩に示しがつかないだろう!」

このようにいくつか意味合いがあるため、どれを指しているのか要注意です。

■エスカレーションする


下から上へのアプローチ、つまり部下から上司への相談や要請
コールセンターやオペレータなどの業務ではよく「エスカレーション」(エスカレ)という言葉が使われます。
例:「上司にエスカレーションした方がいいんじゃないの?」

■エビデンス


証拠・根拠、証言、形跡
例:「テストする際はエビデンスを残すように!」

■オーソライズする


公認される、承認される、正式な権限を与えられる
例:「部長のオーソライズを得ていますか?」

いかがでしたか?わかるようなわからないような…な言葉もあったのでは?
これはほんの一例です…。まだまだあるビジネス横文字!次回をお楽しみに♪